3贈会を終えて 1−3

掲載日:2024年03月12日   カテゴリ :  生徒会

私たち一年生は、駅弁を作るとともに、合唱を三年生に贈りました。駅弁には、クラスごとに三年生に向けてメッセージを贈りそれを具として詰めました。合唱では、青葉の歌を歌いました。約三分という短い時間ですが、リズムを取ったり、それぞれのパートでハモリを作ったり。歌っている方は、三分もあるのというくらい、体力を使いました。練習し始めた頃は、声が小さかったり、歌詞が曖昧だったり課題がたくさんありました。しかし、練習していくうちに、課題もなくなってきました。最終的には、課題もなくなり、いよいよ本番となりました。本番は、本番でしか味わえない、緊張や雰囲気がありました。本番は、練習とは違って、三年生に向けた「想い」も乗せて歌いました。三年生にとっては、一回しかない自分たちに対しての三贈会。だからこそ、いい思い出になってほしい。そういう想いで全力でできたので良かったです。

 

三年生へ向けてメッセージ

三年間お疲れ様でした。

三年生には、委員会、部活動、桐龍祭などの様々な行事でお世話になりました。

これからは、二年生を中心に附属中を引っ張っていくと思いますが、一年生も後輩ができ、先輩として頑張っていきます。

三年生、これまで学んだことを活かして、これからも頑張ってください。3年生のことをずっと応援し、尊敬しています。 

3贈会を終えて 2−3 HM

掲載日:2024年03月07日   カテゴリ :  生徒会

こんにちは。ついに先日3贈会が終わりました。

1・2年生、準備から本番までお疲れ様でした。特に装飾は、今回のスローガンである「Express~附属中発未来行~」に適した世界観が守られており、まるで電車の中にいるようでした。スライドも同様です。3年生が喜んでくれてよかったです。

3年生、受験お疲れ様でした。受験のピリピリとした空気とは対極に位置する3贈会を始めとした中学校生活は楽しんでくれたでしょうか?退場時の寂しそうな顔が忘れられません。ぜひ附属中で過ごした思い出を忘れずに次のステージへ進んでください。

最後になりますが、今年度もHPを見てくれてありがとうございました。来年度もよろしくお願いします。

3贈会に向けて 1-2 d.m

掲載日:2024年02月11日   カテゴリ :  生徒会

 3年生にはこの学校や1、2年生を引っ張って下さるとともに見本として色々なことを教えて頂きました。私自身入学当初はわからないことばかりで不安だったのですが3年生の先輩方に応援や合唱、部活などで多くのことを教わりとても感謝しています。そんな3年生の先輩方に感謝を伝える3贈会が少しずつ近づいてきています。私は先ほども書いた通り3年生の先輩方にとても感謝しています。なので私は3贈会に自分から率先して行動し先輩方が進学しても今現在の附属中が誇れる先輩が高校で輝けるように背中を押したいと思いました。

3贈会に向けて 2-2 S.M

掲載日:2024年02月06日   カテゴリ :  生徒会

山梨大学附属中学校では,進級や卒業に向けて様々な準備が始まり,忙しい毎日が続いております。

さて,そのような忙しい季節の中でも特に今,附属中学校ではタイトルにもある。3年生に贈る会,略して「3贈会」に向けての活動が日々行われております。3贈会は今まで1,2年生をリードし,導いてくださった3年生の先輩方への感謝を伝える,とても大切なイベントです。そのため,非常に意欲的に活動に臨んでいる生徒が多いです。私も,3贈会に向けて,役割を少しですが担わせていただいている身であるため,3年生の先輩方に感謝を伝えることのできるような3贈会を作り上げたいという思いを,人一倍持っていると自負しております。そのような会の実現に向けて,同じ志を持っている仲間と共にこれからも活動に励んでいきます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

2023を振り返って 2−1 K.Y

掲載日:2024年01月26日   カテゴリ :  生徒会

僕の中で2023年はコロナが緩和し、さまざまな行事が例年通りに行えるようになったことで仲間との交流、ブロック活動のたての関係が増えました。僕も桐龍祭などの行事でそれを実感しました。僕もこのような機会が増えてよかったと思います。

カレンダー
« « 2024 6月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
カテゴリ一覧
アーカイブ

県内学校園に向けての学習支援

PTA/保護者の皆様へ

学びの扉

なしだいふぞくオンライン入口

附属学校園の教員派遣

ページの先頭に戻る