令和2年度 「学びについての調査」報告書

 本校では、令和2年度末に山梨大学教育学部の田中健史朗准教授の協力のもと、生徒の「学び」の主体性を測るためのアンケート調査を行いました。田中准教授に作成・分析していただいたアンケートは、以下の3つの観点から生徒の「学び」を調査するものです。

① 学習におけるメタ認知活動(現在の学習状況を考慮し、後の学習の進行を調整する方略)
② 学習に対する動機づけ(やる気)
③ スクールエンゲージメント(学校生活における様々な活動への主体的で積極的な関与や心理状態)

 本校では、アンケート調査の結果と分析をもとに、生徒の「主体的な学び」の実現を目指して研究を進めていきます。

 〇令和2年度「学びについての調査」報告書
調査対象:山梨大学教育学部附属中学校生徒
アンケート作成・分析:田中健史朗准教授(山梨大学)
 

県内学校園に向けての学習支援

PTA/保護者の皆様へ

学びの扉

なしだいふぞくオンライン入口

附属学校園の教員派遣

ページの先頭に戻る